test-tone.com

experiments in music

Test Tone vol. 58

Test Tone 58 flyer

Sound Experiments

Test Tone vol. 58: Rarified Sound - Pictures of Resonance and Dissonance

2010/6/8(火)20:00 to 25:00 at SuperDeluxe、西麻布

ノブナガ・ケン + スコット・ジョーダン + りょう + 冨岡千幸

ノブナガ・ケン + りょう + スコット・ジョーダン + 冨岡千幸絶妙なアコースティックの楽器編成と洗練された音楽的感覚で、伝統的邦楽や即興から影響を受けながら、グループの即興ミュージシャン達は豊かなテクスチャーと瞑想的なリズムを模索する。

メンバーは大正琴、パーカッションのノブナガ・ケン (Tetragrammaton、HissPiss)、琴、三味線、「うた」に、りょう、17弦琴にスコット・ジョーダン、そして、冨岡千幸が謡と仕舞を担当。

ノブナガ・ケン

りょう

スコット・ジョーダン

LVSXY (Clayton Thomas + Clare Cooper - Australia/Germany)

Clayton Thomas + Clare Cooper 奥の深いサウンドを巧みに操る即興デュオのLVSXYは、中国弦楽器の優美さとダブルベースのトーンの深みをミックスして、2つの楽器のサウンドと質感の限界を押しやっている。

Clare CooperとClayton ThomasはSplinter OrchestraやHammeriverのようなバンドで、2000年から共に音楽を作ってきた。故郷のオーストラリアからベルリンに移住後、多くのフェスティバルをプロデュースし始めた。最も有名なものは2001年に始まった「NOW now festival」

Clayton Thomas

Clare Cooper

Iron Egg (Darren Moore + Tim O'Dwyer + Brian O'Reilly Australia/US/Singapore)

Iron Eggシンガポールを拠点とするIron EggはDarren Moore(ラップトップ、パーカッション)、Tim O'Dwyer(サックス)とBrian O'Reilly(ベース、エレクトロニクス、映像)から成るメンバー。

ミニマルなサウンドと映像で陰影的な質感のある音を奏で、心に響く美しい世界を作り出す。ライブエレクトロニクスと個々の楽器のテクニックで、とど凍ってしまうような空間的風景を彷彿させる即興的アプローチを作り上げてきた。.

Iron Egg

DUEL (田畑満 + ヒグチケイコ + 長谷川洋/Astro + Kelly Churko)

DUEL (田畑満 + ヒグチケイコ + 長谷川洋/Astro + Kelly Churko) Zeni Geva、0.03、C.C.C.C.やAKBKのメンバーから成り立っているグループと言うと、スピード、強引さ、悲鳴やノイズと恐怖の猛攻を想像するかもしれない。期待とは裏腹に、この4人のミュージシャンは高度な音楽性で、夢や揺れる音風景という場所において、対等な立場を見つけた。

彼らの演奏の濃密さは、取り組んでいるプレーヤーのヘビーさへの証だ。

田畑満

ヒグチケイコ

長谷川洋

Kelly Churko

Bas van Huizen (visuals)

Bas van Huizenオランダのネイメーへン出身のBas van Huizenはサウンド/ビジュアルアーティストで、絶妙なアレンジレと楽曲構成の作品で知られている。今回のTest Toneでは、演奏に加えて水を使ったリアルタイムのビジュアルを披露する。

これらの活動以外にも、主にエレクトロアコースティックや即興音楽をリリースするレーベル、「Etherkreetレコード」の経営携わっている。

Etherkreet

Evil Penguin

Evil Penguin Master of disguises, Mexican top-hats, ambient rockabilly to minimal Hawaiian Kumulipo chants, the Evil Penguin poses the primordial question of evanescence against a backdrop of New Wave folk. Celebratory, subliminal, moment-to-moment. A Tasmanian treasure with a penchant for open spaces.

Thanks to Takatomo Homma for Japanese translations.