test-tone.com

experiments in music

Test Tone vol. 18

Flyer

音楽の実験

Test Tone presents vol. 18

2006年 12月 5日(火) 20:00 〜 24:00 まで、 Super Deluxe(西麻布、東京)

Featuring:

d.v.d = ITOKEN (イトケン) + JIMANICA (尾嶋 優) + YMG

夏の終わりの代々木の野外公園でのTest Tone/Pingmagフェスティバルライブは大盛況だったItoken + Jimanica。雨でずぶ濡れでもまったくおかまいなし。観客はのりまくった。最近リリースされたd.v.dを引っさげて麻布のSuper Deluxeに登場。

ITOKEN (イトケン) ・・・東京を拠点に活動中のドラマー。Harpy, Zuppa di Pesce, Win a Sheep Free, GNU, Saitto Electrico, Alphabetz…数々のバンドで引っ張りだこ。おもちゃの楽器を使ってループを作ったりと、いろいろな実験を試み、2000年にはプレイステーションのゲーム、Dig a Dig Pukkaに楽曲を提供した。

Jimanica (尾嶋 優)・・・東京在住、多忙ドラマー。昨年リリースしたフルアルバムEntomophonicはiTunes Music StoreCD Babyで発売中。

山口 たかし・・・ メディアデザインを勉強し、NamcoでCG Animatorとして活躍。その後、タチバナハジメデザインに在籍中、インターアクティブデザイン、ミディアアートの分野で数々の賞を受賞する。Super Deluxeでのライブでは、映像からのアクションが、MIDI端子を通して、2人のドラマーから生に伝わってくる。

MOTALLICA

純粋に音楽だけで自分を表現するラップトップミュージシャンが多いこの時代、ちょっと変わったこの2人。ドラムとラップトップのノイズが観客を揺さぶる!Mark Paulineの Survival Research Laboratoriesを彷彿させる。いつかこの2つのユニットのバトルも面白いかも?

FALLOPIAN DISCO FORCE (Soundispatch)

The Fallopian Disco Forceは"どうしようもなく最高!"なグループ?彼らのSingin' Clean 7"はMark McLarenの最近のGaze Into A Gloom紙での批評では、殺気的な雰囲気の"5分間のスロウでダーティーなファンク"と呼ばれた。

Nth (degree) ターンテーブル, Non DJ (Dutch Oven)(サンプラー、エレクトロニクス他)、Eiji F. Morotomi(ドラム)というメンバーのFDF。ターンテーブルスクラッチ、子供の歌、バルカンジプシー、ヘビーなドラムなどの音が、幅広いサウンドを持ち味にするFDF的なサウンド。一瞬心地よいグルーブで観客をのせた?と思いきや、期待を裏切り!?まったく違った展開に。

前フロントマンKremlin Costnerを含む、個々のメンバーのプロフィール
はこのページのオフィシャルFDFバイオをチェック。1977 年から2336年までと359年にも渡るFDFの歴史はHistory pageをチェック。

Thanks to Takatomo Homma for Japanese translations.

01.01.2007. 12:00